2008年上半期の京西テクノスのお知らせ

08/06/26 「日刊工業新聞」掲載

日刊工業新聞「わが社のモノづくり」欄に社長のインタビューが掲載されました。

 

(日刊工業新聞2008年6月26日付)

 

 

 [本文]
  京西テクノスはメーカーがサポートを打ち切った計測機器や通信機器、医療機器の修理を手がける。業態はサービス事業者のようにもみえるが「モノづくりの技術とノウハウがなければ成り立たないビジネス」(臼井努社長)と強調し、モノづくり企業としての自負を持つ。
  主力とする計測機器の修理事業は、多くの企業や大学で「使い慣れている」といった理由などからメーカーのサポート期間が終了している古い製品がいまだに使われていることに着目。そうした機器が故障した際、問題の個所を発見し適切な修理をする。モノづくりの技術とノウハウを重視するのは、故障には百社百様の原因があるとともにメーカーも多数ある。このため「機器の中身を技術的に理解していなければ対処できない」(同)ためだ。
  取り組みを強化しているのが「リ・デザイン」と名付けた電気回路などの再設計事業。基板が焼け焦げてしまっているような場合、再設計で修理するサービスになり「根底にモノづくり力があるからこそできる」(同)と胸を張る。
  技術力の源泉は創業から60年に渡って蓄積してきた計測機器と電話交換機の製造受託事業にある。また最新知識を身につけた技術者の育成にも力を入れており、従業員300人のうち約9割がエンジニアという集団を形成している。

 

 

08/04/01 京西グループ入社式 開催

京西グループの第一回入社式が、新卒採用者2名とキャリア採用者7名の新しいメンバーを迎え、2008年4月1日にとり行われました。

 

新入社員の皆様には、先輩社員の指導のもと、優秀なエンジニアになることを期待しています。

 

京西テクノスは、現在を「第二の創業期」と捉え、新卒者採用にも積極的に取組んでいます。
グループ一丸となって事業の発展、成長に尽くしていきます。